マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

ベローズプレイ

恥ずかしがりなようで恥ずかしがりじゃないアラゴナイト

スペインよりお越しのこちらアラゴナイトさん。 六角柱の中心の斜めに入り込んだかわいらしいお姿。 この恥ずかしがり屋さんめ。と思ったけど、 ガワも中も全部アラゴナイトじゃないかと思い、見る目が冷たくなる。 でもかわいい。鉱物標本の楽しさをがっち…

ローザ石

Bou Beker, Touissit, Oujda Prov, Oriental Region, Morocco Fov=9mm D610/Bellows/ZUIKO MACRO 1:3.5 f=38mmモロッコよりお越しのローザ石さん。 といってみたものの、緑色のローザ石さんを覆う形で 透石膏セレナイトを纏っている。 しかも母岩にはドロマ…

石華工廠のビスマス

ずいぶん前に買ったビスマスの弟分。 これが誇張ではなく、『石華工廠』堀石さんというビスマス職人の手による兄弟石。 このあいだのミネラルショーで買い求めてきたものだ。話のネタになると思い、わたしの持っている古いビスマスを持っていったところ、「…

タンザナイト

以前撮って紹介したのはルースだったけれども、こちらは原石。 もう二年以上前のことか…と、過去日記を見てしみじみ。前の写真は垂直の撮影台で撮っているけれども、 構図の自由さから今は水辺の撮影台を使っている。 できれば無反射ガラスの上に石を乗せて…

ジルコン

Hunzatal Gilgit Pakistan FoV=16mm D600/bellows/EL-NIKKOR 50mm F4(rev) パキスタンよりお越しのジルコンさん。 色は地味で、強い光の下でなくては黒く見える。 しかし結晶の形がすっきりと綺麗なので手に入れた。 ほとんど風化しつつあるもろい母岩にがっ…

小菅稲荷神社

たまたま道に迷ったときに見つけたこの神社。 東京拘置所と道を隔てたひとつ向かいにある。 拘置所はヘリポートを備え、まるで大企業のビルのようで。しかし反対側にはこんな店があり、 強制的にここがどこかを感じ取らせてくれる。 認め印とかがあるあたり…

ブルーバライト

Sidi Lahcen Mine,Near Nador,Morooco FOV40mm D600/bellows/Fujinon-EX 135mm F5.6(rev)モロッコよりお越しのブルーバライトさん。重晶石です。 名前の通り比重の重い石だけれども、 脆く、そしていろんな方向に割れやすい。 すぐバラバラになるところから…

トルコ石の結晶

Palazuel de las Cuevas,Zamora,SPAIN FOV=22mm D600/Bellows/TOMINON 135mm F4.5 WEBでトルコ石のきれいな結晶を見てから、わたしもずーっと欲しかった。 宝石の中でも特別な存在である、『石の名を冠した色』であるターコイズブルー。 しかしこれは不透明…

リューコ・ガーネット

ガーネットは本当に多彩だ。 青系以外はほとんどの色が存在し、とくにグリーンの デマントイドやツァボライトはガーネットらしからぬ華やかさがある。 なにより値段もわたしの手が届く範囲というのがいい。ルースにしてもよし。結晶のまま愛でるもよし。 石…

ベルヌイのタネ

某所の石仲間が持っていたので羨ましがって暴れていたら、 あすこの石屋にあるから買ってらっしゃい。と、教えてもらう。 というわけで衝動的に購入。 どうしてこの手の合成石。ラボ標本というのはマニア心をくすぐるのでしょうか。マニアであればおなじみベ…

アクアマリン

D600/Bellows/Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cm ナミビアよりお越しのマリンちゃん。 つい最近手に入れたんだけれども、アクアマリンの柱状結晶は持っていなかった。 自分でも意外なことだけれども、あまりにメジャーすぎて腰が引けていたのかもしれない。 …

春猫

春めいてきて、冬はこもりがちな猫たちが顔を出してきてうれしい。 わたしの顔見知りたちは、今のところみんな冬を乗り切れたようだ。 記念に一枚といいつつ連写していると出てくる他猫。 「なんじゃい我」 的な睨みをきかせてずいっとフレームイン。そして…

日本の柘榴石

奈良県天川村産 FOV=18mm D600/bellows/Macro-NIKKOR 65mm F4.5本邦の石たちは控えめで奥ゆかしい。 悪くいうと地味で小さい。 水晶や輝安鉱などの例外はあるものの、 基本的には色彩に乏しく大きなものが取れない。 こんなことを書くと、いろんなところから…

密集している平面を撮る

何か突然思い立って、マクロレンズで平面を撮りたくなった。 たぶん、マクロレンズがいかに歪みないものか。 すみずみまでよく写るかということを確認したかったに違いない。しかし、いざ町を歩いてみてもなかなか密集している平面などない。 仕方ないので禅…

レンズ試し撮り

この週末、東京は大雪で予定が全部なくなってしまった。 かといってどこかに行くこともできないので、 自宅でじめっとレンズの試し撮りをしていた。 もとはといえば、EL-NIKKOL80mm F5.6がいくつか発見されたので、 ひさしぶりに性能を確かめてみたい。とい…

リトルニコン EM

ほぼデジタル一辺倒のわたしなのだけれども、 何かの拍子でフィルムを使いたくなるときがある。 が、しばらくその拍子がなかったので、 この小さくてかわいいカメラにフィルムを詰めることはなかった。リトルニコン。 なんてかわいい響きなんだろう。 1980年…

高倍率マクロレンズ

わたしはもともと手持ちの石を撮りたくて、コンデジを買った。 それが当時接写に強いとされた『リコーR10』。 しばらくは満足していたのだけれども、そのうちWEBにあるような写真が撮りたいな。 と思うようになり、一眼レフとタムロンの90mmマクロレンズを購…

鉄明礬石

和名を鉄明礬石。またの名をジャロサイトと発します。 Barranco Jaroso Almeria.Spain FOV:2mm D600/Bellows/Macro-NIKKOR 65mm F4.5産まれはスペイン南部アルメリア。 Barranco Jaroso(バランコ・ハラソ)でお初にお目にかかった縁で、 Jarositeと呼ばれまし…

新宿Imageに行ってきた

もともと入っていた予定が流れ、 何かないかと思っていたら新宿でミネラルショー的なものがやっている。 新宿のショーは過去ハズレばっかり引いているので、あまり乗り気ではなかった。が、行ってみるものでなかなかレアなものをお安く。 といっても小粒でそ…

エメラルド

D600/Bellows/EL-NIKKOR 63mm F2.8 コロンビアよりお越しのエメラルドさん。 全長6mmほどで1.05ct。 リングから外した品でガードルチップがあるけど、 わたしの手持ちのルースにしてはそこそこ大きい。緑の石の中では抜群の知名度を誇り、 『エメラルドグリ…

ネクタイピン

D600/Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D 普段ほとんどネクタイをしないけれども、 こーいうアイテムは大好き。 これは父母から譲り受けたものなのだけれども、 勿体無くてまだ実際に使ったことがない。ブラックオパールということだったが、これはカ…

EL-NIKKORで猫を撮りに

ひさしぶりに陽のある午後、EL-NIKKORをつけて猫を撮りにいく。 カテゴリーは『ベローズプレイ』とあるが、 外に持ちだすと重いので最近ではヘリコイドリングを使っている。 EL-NIKKORの135mmは銀色の袴をつけたずんぐりした旧型と、 ドラム缶みたいにストン…

サファリンちゃん

D600/ bellows/Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cmスリランカはコロンナよりお越しのサファリンちゃん。 一部ではサフィリンとか伸ばしてサファーリンと呼ばれている。 サファイアと名前が似ているのは、発見したときサファイアみたいだったから、 このような…

菱マンガン鉱と黄鉄鉱

D600/bellows/TOMINON 105mm F4.5 広西チワン族自治区よりお越しの菱マンガン鉱と黄鉄鉱の共生標本さん。 上記写真のFOVはだいたい36mm。ほぼ等倍。 菱マンガン鉱としても黄鉄鉱としてもグレードは高くない。 けれどもピンクの母岩にパラパラと黄鉄鉱が生え…

キャシテライト

京都府亀岡市行者山 繁恵坑 D600/bellows/EL-NIKKOR 50mm F4(rev) 国産石の珍しいルース。京都府は亀山の行者山よりおこしやす。 キャシテライトさん2.98ct。 和名を錫石といい、文字通り錫の主要鉱石として昔はよく採掘という。 もちろん今では操業していな…

モットラム石

Reward Mine, Calfornia,USA D600/bellows/EL-NIKKOR 75mm F4(rev) バナジン酸塩鉱物といえばその名を冠したバナジン鉛鉱が著名で、 引き合いに出そうと思ったら、アレ? まだ撮ってなかったか!? とブログ内検索にひっかからずびっくりする弊社。 というわけ…

月の暗い側

D600/bellows/TOMINON 75mm F4.5 誕生石なんて宝飾メーカーが決めたマーケティングで、 バレンタインデーのチョコレートみたいなものですよー パワストの延長線みたいなものですよーとか思いつつも八月に産まれたわたしはペリドットに妙な親近感を寄せてしま…

宅のエドザクラ

わが家で育てているエドザクラの鉢植えが満開になった。 春の花は菜の花からサクラまでなんでも好きなので、 花見の雄、ソメイヨシノが退陣した今となっては 少しずつ時期をずらして咲いていただける他種がありがたい。 そしてマクロ者としては激写せずには…

ゴシェナイト

D600/Bellows/Summar f=8cmこちらブラジルよりお越しの… ゑ? ブラジルは広いって? もっと細かく? わたしもできれば産地データは詳しく載せたいのですけど、 ルースで購入すると細かい産地はほとんど失われてしまうんですよね… ぜひ宝飾関係の方々におかれま…

ブルークォーツ

D600/Bellows/EL-NIKKOR 75/4(rev)スペインはマラガからの贈り物。 青い水晶、ブルークォーツ。 内包物で青いものが入ったものはあるけれど、 全体に青い水晶はあまりない。 十数年ほど前に突然ショップに現れたこの石は、 石オタたちに驚きをもって迎えられ…

重晶石

ちっこい標本が好き。 というよりデカいと置き場所をふさぐ、という理由から わたしはマイクロマウントやサムネイル標本が好きだ。 まだ10代のころ原石標本がいかに場所を取り、 かつ定形の形ではなく脆いものもある、と知った。 だからわたしはルース蒐集に…

煙水晶の旦那とアマゾナイトの奥様

Smaky Hawk MIne Colorado Nikon D600 / bellows / Summar f=8cm コロラド州からお越しの凸凹夫婦はこちら、 煙水晶とアマゾナイトの共生標本。現実にもたまにいるような 「なぜキミらはいっしょになった!?」 的なカラーの違い。 いずれも相手の個性に負けじ…

Tominon macro で撮る野良猫

D600ではPB-5とPB-4というベローズがノーマルで使えないため、 ※軍艦部とベローズがコスれるのを覚悟すれば使える 変わったレンズを蛇腹につけて外でお写真。 という遊びがしにくくなってきた。 PB-6なら問題なく装着できるのだけれども、 これは接写撮影台…

グリーンアンバー

インドよりお越しのグリーンアンバー。 こちらは数年前に某巨大宝飾展にて購入したものだけれども、 その存在感のわりにお値打ち価格であったので即購入した。 が、日本語が通じず英語での会話になったため、 この石の来歴がどのようなものかはよくわからな…

本年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。 本年も細々とやっていきますので、よろしくお願いいたします。 写真はアメリカはミシガン州よりお越しの自然銅さん。 2mmほどのくねっとした場所を蛇に見立てて。 にほんブログ村 [↑ヘビ嫌いじゃないよ] =========

玉滴石

玉滴石は大好きな石で、いくつか持っているけれど、 何度写真に撮っても飽きない石だ。 角度によって表情が違うし、透明なところの輝きもまた違う。 おまけに丈夫なので手で触っても平気で、 つるつるして滑らかな触感は何度触っていても飽きない。 透明なガ…

半影月蝕撮影失敗

本日は『半影月蝕』という地味な月蝕だというので、 夜、『孤独のグルメ』を見終わってから出たらすっかりフツーの満月であった。 せっかくなので満月さんを激写。 なお、半影月蝕については『県立 ぐんま展望台』のフラッシュがじにつわかりやすい。 ひさし…

ロレンツェン石

Flora Mt, Lovozero Massif Kola, Muurmansk, Russia FOV=16mm D600 / Bellows / EL-NIKKOR 75mm F4(rev) ロシアより愛を込めてお越しのロレンツェン石さん。 組成は[Na2 Ti2 Si2 O9]。珪酸塩鉱物というヤツですな。 組成にTi(チタン)が入るなど華やかさを感…

燐銅ウラン鉱

Aveiron,Margabal France FOV=15mm D600 / Bellows / EL-NIKKOR 75mm F4(Old/rev) 燐灰ウラン鉱と並ぶ含ウラン鉱物。 日本をおさえて世界第二位の原発保持国、 フランスより燐銅ウラン鉱さんがお越しになりました!! と、昨今ではあまりほめられたものではな…

グラコロをブツ撮り

マクドナルドの冬の定番。 グラタンコロッケバーガーをお持ち帰り。 グラコロももう20年目のロングランだという。 目をつむればこのテーマソングを気に入って、 熱唱しながら走り回ったクソガキ子供時代のわたしが目に浮かぶ。 そんなわたしは今、テーマソン…

アキシナイト第二弾

Pakistan Belochistan 1.18ct ⇔8mm D600 / Bellows / EL-NIKKOR 50mm F2.8(NEW) 以前紹介したのはアフガニスタンのアキシナイトで、 今回のはパキスタン産。 こちらのほうが圧倒的に暗い。 が、今回のテーマはレタッチもしていこう!! ということであったので…

チェコよりお越しのラボ産まれさん

FOV=40mm程度 Nikon D600 / bellows / TOMINON 105mm F4.5 今から10年ほどまえのミネショで購入。 チャーミガイトという名前で人造品とのことであった。 人造で母岩つきというものが作れるとは当時は知らず、 えらく衝撃を受けたのをよく覚えている。 和名を…

おまえの名前はランちゃんだ!!

いつもわたしが近寄っても逃げずにモフらせてくれるこの猫。 とくに呼び名もなく「猫」「ニャンコ」とテキトーに呼んでいた。 それでもいいのだけれども、ほぼ毎日のように会う。 ならば名前をつけてやろうではないか。ランちゃんとす。 いつも白線の上あた…

ペリドット

D600 / bellows / Summar f=8cm ミャンマーよりお越しのペリドットさん。 10mmくらいのラウンドカットで、ずいぶん前に手に入れたもの。 マクロで見るとガードルチップがすごいな… クラックは承知で買ったものだけど、 ここまでガードルがガクガクしていると…

パールヴァティ渓谷より水晶

Locality:Manikaran,Parvati Valley,India FOV:35mm D800 / fujinon EX 105mm / bellows インドの温泉街マニカランより山を登ってえっちらおっちら。 パールヴァティ渓谷よりお越しいただいた水晶。 うっすら湯あたりでオレンジのようなピンクのような色。 …

鋭錐石

Nikon D90 / bellows / ZUIKO MACRO 20mm F3.5 FOV 0.2mm RIU NERE VEILHA Spain こちらも頂きものの鋭錐石さん。 FOV(写っている範囲)が0.2mmほどの極小マイクロマウント標本。 こうした標本は日本では出まわっておらず、 海外の個人輸入している人にちょっ…

バリッシャー石

Nikon D90 / bellows / ZUIKO MACRO 38mm F3.5 FOV 8mm Lavra boa vista Galileia BRASIL 毎日酷暑が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? わたしは完全にグロッキーです。 それでも夜になってややマシな湿度と気温のときは、 ふと思い立って…

斧石≒アキシナイト

和名は斧石。学名はAxinite。 いずれも意味は同じで、原石結晶の形が「斧に似ているから」。 三斜晶系だったらたいてい同じようなもんじゃない!! と、オタの突っ込みは無粋極まりないので自重したい(しきれてません)。 赤みを帯びた褐色で、ここらへんの色域…

閃亜鉛鉱の上の蛍石

真っ黒い閃亜鉛鉱の上に犬牙状の蛍石。 なかなかいい。 はじめは方解石か? とも思ったけれども、よく見れば蛍石の特徴が。 立方体になりそこねた。というと失礼だけれども、 母岩についた一部分にそんな予感を匂わせる。 正方形の角は必ず90度になる。 こい…

イットリウムチャーチ石

D90 / bellows / Ernst Leitz Wetzlar Object lens FOV 1.5mm Girard,Burke Co., Georgia, USA 1mmクラスの被写体はわたしにはまだ早い。 と思って入るものの、このクラスの撮影は燃える。 いかにも高倍率でマクロをしている、という気にさせてくれる。 アメ…