読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

玉滴石とハイアライト

同じ石でも形が違う。産地が違う。大きさが違う。色が微妙に違う。いろんな理由をつけて手に入れてしまうのがマニアなのだけれども、わたしは同一の鉱物の標本とルースが手元にあると安心する。とくに同一産地の標本とルースが手に入るのは珍しいので、某シ…

カナリートルマリン

さるミネラルショーでのこと。パライバブームが一段落したときのことだ。 「旦那。パライバの次はコレがきますよ」「そうか。ではいただいていこう」 そんなやり取りで購ったのがこのカナリートルマリンだ。 Locality:UnknownFoV=10mmD610/Bellows/LEITZ WET…

オーシャンジャスパー

マダガスカル産FoV=35mmD610/Bellows/FUJINON-M 1:5.6 f=63mm わたしの石好きは “透明でキラキラしているもの” が好きだったからだ。子供の頃は親や姉に得体の知れないガラス片や石など拾ってきては、得意気にそれら “宝物” を見せては呆れられた。 「あんた…

顕微鏡でルース観察

アマチュアのたいしたものを買わないコレクターのくせに、一丁前の顕微鏡でルースをじとじと眺める。そこに現れるカケやカン、インクルージョンやクラックを確認する。店やカッターからすればいやな客だと思うのだけれど、当方の趣味なので勘弁してほしい。 …

フェナカイト

FoV=18mmMyanmaD610 / Bellows / Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cm このあいだフェナス石を撮ったら、やはりというかルースも撮りたくなってしまった。 無色透明のルースに魅力を感じるわたしとしては、 このフェナカイトは特別に好きなルースのひとつだ。 …

シーブルーカルセドニー

D610/Bellows/Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cmグリーンを噛んだやさしいシーブルー。 どこから来たのかわからない、カルセドニーさん8mm(直径)。 ルースのときは『玉髄』ではなく『カルセドニー』と呼びたい。 でもまあ『玉髄』もかなりイケてる名前なので…

リューコ・ガーネット

ガーネットは本当に多彩だ。 青系以外はほとんどの色が存在し、とくにグリーンの デマントイドやツァボライトはガーネットらしからぬ華やかさがある。 なにより値段もわたしの手が届く範囲というのがいい。ルースにしてもよし。結晶のまま愛でるもよし。 石…

新宿Imageに行ってきた

もともと入っていた予定が流れ、 何かないかと思っていたら新宿でミネラルショー的なものがやっている。 新宿のショーは過去ハズレばっかり引いているので、あまり乗り気ではなかった。が、行ってみるものでなかなかレアなものをお安く。 といっても小粒でそ…

エメラルド

D600/Bellows/EL-NIKKOR 63mm F2.8 コロンビアよりお越しのエメラルドさん。 全長6mmほどで1.05ct。 リングから外した品でガードルチップがあるけど、 わたしの手持ちのルースにしてはそこそこ大きい。緑の石の中では抜群の知名度を誇り、 『エメラルドグリ…

オリゴクレース

D600/Bellows/Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cmタンザニアよりお越しのオリゴクレースさん1.02ct。 なんと神秘的な表情でしょうか。といってみたものの、実物はもっとギラギラしている。 カッターさんの腕がよかったのか、内面反射がうまいこと反射して 実…

サファリンちゃん

D600/ bellows/Ernst Leitz Wetzler Summar f=8cmスリランカはコロンナよりお越しのサファリンちゃん。 一部ではサフィリンとか伸ばしてサファーリンと呼ばれている。 サファイアと名前が似ているのは、発見したときサファイアみたいだったから、 このような…

キャシテライト

京都府亀岡市行者山 繁恵坑 D600/bellows/EL-NIKKOR 50mm F4(rev) 国産石の珍しいルース。京都府は亀山の行者山よりおこしやす。 キャシテライトさん2.98ct。 和名を錫石といい、文字通り錫の主要鉱石として昔はよく採掘という。 もちろん今では操業していな…

ゴシェナイト

D600/Bellows/Summar f=8cmこちらブラジルよりお越しの… ゑ? ブラジルは広いって? もっと細かく? わたしもできれば産地データは詳しく載せたいのですけど、 ルースで購入すると細かい産地はほとんど失われてしまうんですよね… ぜひ宝飾関係の方々におかれま…

グリーンアンバー

インドよりお越しのグリーンアンバー。 こちらは数年前に某巨大宝飾展にて購入したものだけれども、 その存在感のわりにお値打ち価格であったので即購入した。 が、日本語が通じず英語での会話になったため、 この石の来歴がどのようなものかはよくわからな…

アキシナイト第二弾

Pakistan Belochistan 1.18ct ⇔8mm D600 / Bellows / EL-NIKKOR 50mm F2.8(NEW) 以前紹介したのはアフガニスタンのアキシナイトで、 今回のはパキスタン産。 こちらのほうが圧倒的に暗い。 が、今回のテーマはレタッチもしていこう!! ということであったので…

ペリドット

D600 / bellows / Summar f=8cm ミャンマーよりお越しのペリドットさん。 10mmくらいのラウンドカットで、ずいぶん前に手に入れたもの。 マクロで見るとガードルチップがすごいな… クラックは承知で買ったものだけど、 ここまでガードルがガクガクしていると…

斧石≒アキシナイト

和名は斧石。学名はAxinite。 いずれも意味は同じで、原石結晶の形が「斧に似ているから」。 三斜晶系だったらたいてい同じようなもんじゃない!! と、オタの突っ込みは無粋極まりないので自重したい(しきれてません)。 赤みを帯びた褐色で、ここらへんの色域…

アイドクレース

0.84ct/カナダ産 Nikon D90 / bellows / TOMINON 75mm F4.5 むかしむかしイタリア。 いや、1795年なので神聖ローマ帝国時代はヴェスビオ火山で発見された鉱物。 ヴェスビオ火山で発見されたので「ヴェスビアナイト(ベスプ石)」と呼ばれたけれども、 鉱物種の…

イエロッシュオレンジダイヤモンド

Size:0.078ct/2.8mm Nikon D90 / bellows / Summar f=8cm 非石オタに「ダイヤ持ってます」と口を滑らした途端。 「お金持ちなんですね」 みたいな展開になってしまってニンともカンともいえない気分になる。 われわれみたいな者にはお馴染みの展開ですね。 …

菱マンガン鉱

Locality:南アフリカ ホタゼル FOV:8mm Nikon D90 / bellows / EL-NIKKOR 50mm F4 南アフリカはホタゼルよりお越しのロードクロサイトさん。 菱マンガン鉱という和名もあるけど、ルースは音のいいロードクロサイト名で行きたい所存。 ピンク色がキレイで宝石…

クリノゾイサイト

⇔8mm 1.14ct タンザニア産 Nikon D90 / bellows / Summar f=8cm ここのとこ仕事の都合で金土日開催のミネラルショー系に参加できないことが多く、 その鬱屈がわたしを通販に走らせる。 気がついたら手が勝手にクリノゾイサイトを発注していた。 石オタであれ…

オレンジ色のヒスイ

石データ=1.24ct ⇔6.5mm ミャンマー産 撮影=D90 / ベローズ / MD MACRO ROKKOR 50mm F3.5(逆) こちらミャンマー産のオレンジジュースでございます。 いえ、オレンジジェードでした。 みたいなネタから入りましたが、期せずカボション四連続。 カボ祭りですね…

トルマリン。パワーストーンの旗手

石データ=トルマリン ⇔10mm 撮影=D90/ベローズ/FUJINON-EX 105mm F5.6 一枚目=定常光 二枚目=下から透過光 トルマリンといえば、マイナスイオン効果で云々。 ということで一躍「パワーストーン」という言葉をメジャーにした石。 五大宝石の影に隠れ、宝石と…

ブラックオパール

石データ=不明 撮影=D90/ベローズ/EL-NIKKOR 105mm F5.6(逆) 石友である某氏とトレードしたもの。 わたしが出したものはムーンストーンであったので、レアリティがまるで違う。 ありがとうありがとう。 わたしは子供のころから光り物が大好きで、 物心ついた…

スミソナイト

石データ=メキシコ シナロア州 チョイクス 3.1ct 撮影機材=D90 / ベローズ /トミノン75mm F4.5 前からほしいほしいと思っていたスミソナイトのルース。 半透明のブルーの中にいくつかの濃淡があり、それがバーになっている。 もともと石は原石から入ったわた…

タンザニアの夜

Locality: Tanzania Size:0.9ct/7mm Nikon D90 / bellows / Tominon 35mm F4.5 タンザニアの石。というよりはタンザニアの夜という言葉がじつにしっくりくる。 日本人が大好きな紫色の透明石の中では、タンザニアに勝るものはそうないだろう。 もともと宝石…

放射性鉱物ルースにしちゃいました。的な

撮影=D90/ベローズ/Tominon 50mm F5.6 標本=1.03ct FOV=10mm程度 今じゃもうニュースで原発および放射性物質について聞かない日はないというくらいの本邦。 人々の興味もしんしんで、研究職以外では一部のマニアしか興味がなかった放射線測定器も、 エステー…

ジョウハチドーライト

上八洞石 ミャンマー モゴック産 0.19ct ⇔5mm 2007か6か。とにかくそれくらいの頃に、一部のレアルースマニアたちが一斉にこの石のことを話題にし始めた。 ジョウハチドーライトは上八洞石といい、北朝鮮の上八洞で見つかったことから命名されている。 日本…

非加熱であるということ

アクアマリン(非加熱) 2.48ct スリランカ産 ルース好きにもいろいろいて、非加熱であるかどうかを気にする方も多い。 わたしといえば「どちらも欲しい」タイプではあるものの、やはり情報としては加熱か非加熱かということを明記してほしい。 これはマニアと…

シンハライト

シンハライト 0.49ct ⇔6mm スリランカ エヘリヤゴダ産 撮影=D90 / bellows / EL-NIKKOR 50mm F2.8(rev)本当は今日一日やることがあったのだけれども、午前で仕事おさめとなり浮かれまくり。 海上海さんで遅めのランチ食べていたら飴屋さんとばったり合ってキ…

デマントイド

撮影機材=Nikon D90 / bellows / Summar f=8cm デマントイドといえばガーネット族の勇。 良質のものはダイヤモンドを越えるレアリティと価格で取引される。 が、わたしのデマンさんはたいしたものではない。 小粒だけどテリがよいものを買ったつもりだけど、…

誰でも一度はアメジストにハマる(はず)

石オタとしてハマりはじめにアメジスト。とりわけルースをとにかくいっぱい密集させたい。 という奇妙な衝動があった時期があって、いまだに何にするわけでもなくザクザクとアメジストがたくさんある。このころはすでにパワーストーンなんてイワシの頭だと思…

ルースはむづかしい…

ルースを接写で撮るのは難しい。 というよりも、標本のゴミやアラが目立ってしまう。 糸くずや指紋。クラックやカケなどがくっきり出てしまう。 高倍率マクロをそこそこ使うようになってから、 コンデジ時代からでは考えられない悩みだ。たとえばこちらのサ…

写欲のいちにち

珍しく土曜がお休みになったので、 昼過ぎからホームセンターに行って撮影台に使う足場の材料を買う。 本当は金属のブロックがいいんだけど、 そんなのはふつうに打っていないので木製で作成。あとは一日、汗だくで写真を撮って過ごしておまりました。 基本…

コーネルピン

マダガスカルよりお越しのコーネルピンさん。1.34ct。 確か初めてミネショに行ったときに買った石のひとつ。 このブラックレモンイエローとでもいうべき色に一目ぼれ。 これに出会わなければ石狂いになど… いや、遅かれ早かれだな。伝統的な産地であるマダガ…