マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

猫関係の話に弱い

かつてわが家はいろんな動物を飼っていた。
犬猫はもちろん亀や文鳥やモルモットにハムスター。
変わったところだとフクロウなども飼っていた。
家族全員動物が大好きだったので、幼年時代は動物たちとの思い出がいっぱいだ。


だが、猫だけは早死にしてばっかりだった。
窓から落ちて死んでしまったり、すぐに病気にかかったりする。
他の動物はそんなことはないのだけれども、猫だけはダメ。
犬は人間につくというけれども、猫は家につくという。
きっとわが家は猫によくない家なのだろうといつしか飼うことを諦めた。


今では死別がつらいので動物を飼うことはしていない。
これは、数少ないわが家の取り決めとなっている。


沼田まほかる『猫鳴り』は今日の夜に買って、今日のうちに読みきった。
静かで淡々と猫の一生を描ききって見せた良作であった。
猫好きの友達にも貸してあげようと思う。
内容はちょっと読むには重いけれど、静かな夜にひっそりと読んでほしい。
もっともっと猫が好きになるよ。



===
内容(「BOOK」データベースより)
ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、不思議な存在感で寄り添う。まるで、すべてを見透かしているかのように。そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。
===



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑明日は猫を撮ろうかな]


==========