マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

ふたつのAF24mm F2.8単焦点

AF 28mm F2.8 (NIKON/SIGMA)


一時期、APS-Cでやや広角の単焦点を安く手に入れたいと思い、
24mmと28mmを集めていた時期があった。
ニコンがDXレンズで広角単焦点を出してくれていれば、
こんなことはしなかったのだけれども、
なぜかDXレンズの広角はズームばっかりなのだ。


結局、あまり使わず友達にあげてしまったり、
オークションに放流するなどしてこの二本だけが残った。
たいして高いレンズではないものの、それなりに気に入っている。
だが、同じ防湿庫にふたつのAF24mmはいらないとわたしは考えている。
勝負だ!!


★☆★☆★☆★☆
SIGMA SUPER-WIDE2 24mm F2.8 MACRO
===VS===
AF NIKKOR 24mm F2.8
★☆★☆★☆★☆


[ニコン24/2.8]
DSC_5799

[シグマ24/2.8]
DSC_5802
※いずれも開放f2.8、SS=1/400、ISO125、オートホワイトバランスで撮影。


[ニコン24/2.8]
DSC_5800

[シグマ24/2.8]
DSC_5801
※いずれもf10、SS=1/40、ISO125、オートホワイトバランスで撮影。


[f10撮影の等倍切り出し/ニコン]

[f10撮影の等倍切り出し/シグマ]


[ニコン24mm最短距離撮影]
DSC_5805

[シグマ24mm最短距離撮影]
DSC_5806


無限遠撮影はちょっと失敗した。
シグマの24mmで撮影したとき、ニッコールと同じ露出で撮ったものの、
本体が示す適正露出では三分の一段シャッタースピードが高く表示されていた。
もしかすると、シグマの24mmはF値が2.8ではなく、2.6くらいなのかもしれない。

…最短撮影距離の短さでシグマの24mmに軍配を上げてしまうのは、
マクロ者としては仕方がないところ。
純正ニッコールも手元においてあげたいのだけれども、
近くよい貰い手を探すことにしよう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑Σのほうが素子ゴミがいっぱい見えているふしぎ]


=========