マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

墨田区 錦糸 レストラン『三好弥』


大きな地図で見る


夕方。母の見舞いのあとに亀戸へ向かう。
無印良品に枕カバーと、母が食べたいといっていた塩せんべいなど探してみるかと。
結果、無印には目当てのものはなく、塩せんべいは情報不足と時間的に遅かったので断念。
これは業腹、ということでここらへんで食事でもとぶらぶら。


三十分ほどさまよった末、よさげな店を発見。
『レストラン 三好弥』
この日はバイクなので飲酒はできない。
井之頭五郎ではないわたしには、飲み屋的なものは敷居が高かったのだ。
Restaurant 『MIYOSHI-YA』
いいじゃないかいいじゃないか。と呟きながら入店。
すると内装はじつに町の洋食屋さん。
こういうのでいいんだよ。
気分は完全に孤独のグルメ。

メニューを見ればあんらまあ。わたしよりも年上でいらっしゃる。
Restaurant 『MIYOSHI-YA』
創業昭和四十年の老舗であった。
いいぞいいぞ。

1000円ポッキリで(確か)「ディッシュ」というものを頼む。
Restaurant 『MIYOSHI-YA』
妙にでっかい皿の上に煮込みハンバーグに目玉焼き。
ヒレカツにカニクリームコロッケがドスン。
洋食屋なのに小鉢の奴にお椀の味噌汁。だがライスは皿で出す。
まさに正しく『下町の洋食屋』という体に心は昭和にタイムスリップ。

「あの。お料理撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」
いちおう許可を得る。
ダメと書いていない限り、自分の皿の料理を撮るのはかまわないとは思うのだが、
取れる許可は取っておきたいものだ。

「いいですよ。…すごいカメラですね」

D600ですごいカメラと言われたらD一桁とかD800なんて…
とは思うけれども、かつてわたしもそういう(後略)
カメラを褒められるとプレッシャーがかかるのでしんどいですね。

お味は期待通りな洋食の味。
井之頭五郎さんだったらたいへんなことになるタイプの店だ。
カニクリームコロッケは美味だが、箸で割ると赤いのでびっくり。
トマトが入っているのだろうか。
ごはんに合う濃厚なカニクリさんでした。


満腹で店を出る。またリピートしたい店であった。
して『三好弥』を外に出て右手を御覧ください。
下町の電線と信号だらけの夜空にスカイツリーが伺えます。

昔は格子状で歪んで見えるスカイツリーが不気味に見えたが、
ずいぶん見慣れたものだ。
いずれはこいつも老舗な風景になるのだろうか。
東京23区の東側に住む人間としては、
もはやすっかり風景の一部になった感がある。
ただ、いまだに一度も中に入ったことがないのは地元民のお約束だ。

TOKYO-SKYTREE




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑カニクリ美味美味]


=========