マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

夜の新橋を歩く

まだD600が帰ってこないので、
D90を持って仕事の終わりに新橋へ。
レンズはAi-S NIKKOR 50mm F1.8のうっすいパンケーキ的なアレ。
本体露出が使えないので露出はカン。
いつもと違ったことをしたかったので、
D90の最高感度Hi1(ISO6400相当)で撮る。
そしてモノクロで完璧。


かつて仕事場のあった古巣、新橋をぶらりと歩く。
DSC_0415
…やだ、完全に昭和。

モノクロで撮る新橋の夜はわたしを昭和に引きずり込む。
DSC_0385
新橋駅から歩いてすぐの烏森神社の参道。
参道というよりも飲み屋の横丁という感じ。

ピンボケ写真にするとますます昭和。
DSC_0389
いつも歩いたこの道だったが、新しい発見。

ショーウィンドウにあった謎カメラ。
DSC_0432
これなんか昭和もかなり初期な感じ。

ここはもう有楽町あたり。
DSC_0427
毎年ミレナリオがやっているイルミの道。
電飾があってキレイだった。

新橋から離れて下町の夜猫。
DSC_0439
白黒でもりりしいお姿。


モノクロめっちゃ楽しい!!
ISO上げてもザラザラ感が気にならない。
もりもりISO上げて高速シャッターを切っていきたい。

しかし、初めからモノクロで撮らなくても、
あとからソフトでモノクロにするのとどう違うのか?
というわけで実験。

カラーで撮ってソフトでモノクロに。
カラーモノ

こちらはカメラ設定からモノクロで無加工。
モノ


いずれも同条件で撮っている。
ピント位置は若干ズレているかも。

しかし差は歴然。
カラーで撮ると全体的にトーンが暗くなる。
色で認識しているところを、トーンで認識し直すからだろう。
これだったら初めからモノクロで撮るメリットは十分ある。

またどこかをぶらぶらするときは、モノクロを試してみよう。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑モノクロで撮っているときの黒猫はイジメ]


=========