マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

密集している平面を撮る

Brick walls

何か突然思い立って、マクロレンズで平面を撮りたくなった。
たぶん、マクロレンズがいかに歪みないものか。
すみずみまでよく写るかということを確認したかったに違いない。

しかし、いざ町を歩いてみてもなかなか密集している平面などない。
仕方ないので禅宗のように壁に向き合う。
しかも思いつきの勢いで撮ったためISOを上げきらず、
微妙に遅いシャッターを切り、微妙にブレる始末。

Crushed stone

マクロ使いとしてわたしに必要なものは、
機材やセンスというよりもまず、落ち着きなのかもしれない。
勢いで見切り発車もときによっては有効かもしれないが、
せっかく被写体が逃げないものばかりを撮っているのだ。
何を撮るにしてもまず立ち止まって考える。

そうだ、わたしに必要なものはこれだ!
意気込んで撮った砕石。わたしは石のようになりたい。
でも撮った写真はやっぱり微妙にブレる。

Housing complex

後日、三脚があればブレまいと団地の前でセッティングする。
だが、この団地を撮像素子と平行に撮れるポイントがないことに気づく。
せっかくなので撮らせてもらうが、
下の工事現場がジャマで見上げるような撮影になってしまい、
気になるパースがついてしまう。

平面を撮る。ということはじつに難しいものだと感じながら三脚を畳む。
しばらくはこういう写真はもういいや。



==後日談==

その後「あっ、わたしにはPB-4があるじゃないか!!」
と明かりがついたように悟ったので、仕事前にカバンにベローズつきカメラを入れ、
さすがに三脚持って仕事にはいけないけどピーカン。
ISOをこころもち上げ、手持ちで思いっきりライズして撮った。
レンズは無限遠の関係でEL-NIKKOR 135/5.6A。
マクロレンズと同じ設計思想を持つ、引き伸ばしレンズだ。
今度はピントがきれいに決まって、かつライズのおかげで余計な映り込みが少ない。
これでモヤモヤが晴れたので満足。
ありがとうEL-NIKKOR。ありがとうPB-4。

Housing complex (Retry)





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑こういうときPC-E85mmとか欲しくなりますね]



=========