マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

ブルーバライト

Barite
Sidi Lahcen Mine,Near Nador,Morooco
FOV40mm
D600/bellows/Fujinon-EX 135mm F5.6(rev)

モロッコよりお越しのブルーバライトさん。重晶石です。
名前の通り比重の重い石だけれども、
脆く、そしていろんな方向に割れやすい。
すぐバラバラになるところから「バライト」と呼ばれます(嘘)

ブルーといってますが、微妙な青です。
肉眼だとサイズのマジックでもう少し濃く見えますが、
ルーペや顕微鏡で見ると薄く見える。

写真真ん中あたりにきれいな虹が出ていて、
かなりお気に入りの標本。
写っている範囲は40mmと撮りやすく、
なかなかシャープに撮れた。感謝しろ。
と、石に恩を着せたりする。

なお、本当に石に話しかけるようになるともう帰ってこれません。

ひさしぶりに連続でブログを更新。
ここのところは他の書きものがあったり、
仕事が忙しかったりでなかなか更新できなかった。

「石マクロだったら家でもできるだろ!」

と、思われるかもですが、
まじめに取ると高倍率マクロは一枚で一時間くらいかかっちゃいます。

標本の位置決め。ライティング調整。
フォーカスを少しずつ移動させながらの撮影。
PCで深度合成。最終的な現像。

わたしはマクロやっている人にすると雑な性格だと思ってます。
本当は位置決めやライティングにもう少し時間をかけたほうがいいのですけど…
つい、撮りやすいところで撮ってしまって、
アングルとライティングを追求すべきだと撮ってから後悔。

バライトさんもやや斜めに撮ったけれど、
垂直な感じで撮ったほうが良かったかなー とか、
ここに文章を書くときにだいたい思い悩みます。
地道に納得できるものを撮りたいです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑残念ながら蛍光はしませんでした]


=========