読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

Cine-NIKKOR 1:1.9 f=38mmで撮る

ペンタQにアダプタをつけて、Dマウントのシネニッコール。
外観は以前撮影したものを見ていただきたく。
38mmのf/1.9という謎のスペックは8mmフィルムのセンサーサイズでは、
おおよそ200mmクラスの望遠単焦点として使われていた。
初代ペンタQの撮像素子だとおおよそ212mm換算の望遠となり、
だいたい本来の使われ方だといっていい。

Dマウントはよくいえば味がある。
悪くいうと解像しない上に各収差アリアリ。

しかしさすがのニッコール。
本来のセンサーサイズで用いると、しっかり解像するし
収差も思ったほどではない。
コントラストのきつい条件や逆光にはお手上げだけれども、
じつにいい写真になってくれる。
一段ちょいのf/2.8でかなりシャッキリしてきて、
f/4でほぼパンフォーカスに達する。

マニュアルフォーカスゆえ、わたしの技量が及ばなかったり、
アダプタを介するため電子シャッター使用となり、
動体を撮るとデジカメ黎明期のような「こんにゃく現象」が起こったりもする。

いくつか撮影したものを貼り付けてアーカイブとしたい。
数枚ほどWEB用にしてしまったまま元データを削除したものもあるけれど、
サービス判だと思ってご覧いただければこれ重畳。


PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test

PENTAX Q / Test





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑ただし四段絞ると大変なことになる]