読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

機械式歩数計 コパル『ペドメーター』

COPAL PEDOMETER

『COPAL』といえばカメラ者にとってはシャッターを製造している会社だけれども、

かつてはこのような機械式の万歩計を作っていた。

というのはわたしも実機を手にして初めて知ったこと。

また、『万歩計』というのは山佐時計計器株式会社の登録商標であり、

それ以外のメーカーのものは、本来『歩数計』とするのが正しい。

混同を避けるならば『ペドメーター』と呼ぶのがいいのだけれども、

この名前は歩数計以上に認知度が低い。

 

 

COPAL PEDOMETER

 

この歩数計にはいくつか種類があり、一万歩までカウントできる三針のもの。

サイズが若干小さく、金色のものもある。

画像にある四針のものが十万歩までカウントできる上級バージョンのようだ。

紙箱にプラスチックのケース。小箱に入っているのは裏蓋保護用のケース。

そして説明書に本体のセットとなっている。

このケースの台紙となっているのが植毛紙で、

黒いケバケバが出てくるのが多少困り者。

 

 

COPAL PEDOMETER

機械式の歩数計はいろいなメーカーから発売されたものの、

すぐに電子式のものが主流になり今ではアナログは骨董品だ。

そもそも歩数計というものが、本来は歩数で距離を測るためのものだった。

測量技術が発展するとその役目を終え、歩数計は健康管理のためのアイテムとなった。

今ではスマートフォンのアプリで歩数を管理でき、

100円均一にも液晶の歩数計がある。

一見すると懐中時計のようにも見える。

 

しかし、時計よりも一足早く実用的な役目を終えてしまった感がある。

コパル。という世界中のカメラのシャッターを担うメーカーが作ったものだ。

ジーンズのウォッチポケットに入れて、撮影のお供に連れて行くのがいい趣味かもしれない。

アナログではあるが、さすがのコパル製。精度はばかにできない。

スマホアプリと遜色ない数値で歩数を計測してくれる。

 

最近、写真おさんぽのときにはこのコパル製ペドメーターを連れて行く。

だいたい一万歩が健康維持の秘訣だそうなので、それを目安にうろつき回る。

アナログ製品は身に着けているだけで楽しくなれるし、

今では機械式ペドメーターは二束三文。

中古で見かけたら、ひとつくらい持っていてもなアイテムだ。

 

 

[おまけ:コパルペドメーターの説明書]

COPAL PEDOMETER

COPAL PEDOMETER

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

[↑ペド…メーターという言葉に違う意味を見出してはいけません]

児童性愛者―ペドファイル

児童性愛者―ペドファイル