読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

谷中散歩で眞島稲荷

 

谷中の写真展をぶらりと見た帰り、道に迷うのはもはやわざと。

もう何度も谷中に来ているというのに、

いまだ道をはっきり覚えていないのは才能なのではないかと思うことがある。

 

そのたび見つけるのが神社仏閣であり、散歩の楽しみだ。

しかし、まさかこの道がお稲荷さんに続く道とは思わなかった。

 

Majima-Inari

 

路地をずいずい進んでいくと、行き止まり。

しかしそこには朱塗りの鳥居が。 

ステキ空間あらわる気配にテンション上がる。

 

Majima-Inari

 

アロエに導かれて登った階段。

なんとも所帯臭く。

それでも奥の藪笹などを見ると何かが時代を超えて、

ここに住み着いている気配すら感じる。 

Majima-Inari

 

かわいいお社だとしかいいようがない。

時代とともに住みづらくなっていることをぼやきつつも、

この居心地のいい空間を愛しているし、

ここを守っている人たちの愛情も感じる。

その思い浄財に値し、柏手を送らせていただきたい。 

 

Majima-Inari

Majima-Inari

 

完全に生活道となっている参道を戻る。

いいなあ。ここに住んでいる人。

守って守られている感があるし、

目に見えるものと眼に見えないものを分けていない。

 

Majima-Inari

 

谷中の道は無軌道に歩くくらいがいい。

いつでも新鮮な出会いがある。

 

Graffiti of children

 

 

けどこの日は見当の猫に出会えなかった。

でも始まりと終わりの辻褄が奇妙に合致した。

なのでこの日の散歩は大成功といっていいだろう。

散歩に成功って。

 

Graffiti of children

Graffiti of children

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

[↑谷中に猫神社の必要性を感じる]

HK/変態仮面

HK/変態仮面

  • 作者: あんど慶周,ひなたしょう,監督・脚本福田雄一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る