読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

AGFA CT precisa 100をクロスプロセス現像

TOKYO Sky Tree

 

Nikon F3 / Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D
Film:Agfa CT precisa 100-135(Cross processing)


「アグファ」のリバーサル(カラー)フィルムをクロスプロセスで撮ると、
 なんともいえない写真になりますよ…」

という情報を得たわたしはニコンF3にこれを詰め、
しばらくいろんなレンズをつけて撮り歩いていた。
36枚撮りというのは存外と撮りきらないもので、
四日くらいはあれこれと撮影して回っていた。

上の写真は高いところからスカイツリーを撮ってみた。
当日は晴天でスカッとした青空が…
なんだこれ!?

露骨なまでのグリーンかぶり。
藻が蔓延した水に使ったかのような世界に。
たしかにこれはなんともいえない。

 

Left behind car

Nikon F3 / Ai Nikkor 105mm F1.8S
Film:Agfa CT precisa 100-135(Cross processing)

アグファといえば赤の発色がド派手というイメージがあったので、
そこらに打ち捨てられている古いおんぼろ車が赤いので撮る。
うん、このフィルムで赤いものをクロスプロセス現像すると、
なんともいえない褪せた赤色になる。
適正ではなく、もう少し露出をオーバーめにするといいのかも。

 

Symboric V8

Nikon F3 / Ai Nikkor 105mm F1.8S
Film:Agfa CT precisa 100-135(Cross processing)

クロスプロセスというのは、ポジフィルムの現像を、
ネガフィルムの手順と薬品で現像する。
るあるいはネガフィルムをポジフィルムの手順で現像する。
するととんでもない色に仕上がり、ファンも多いという。
毎回違う色に転ぶので、バクチ要素が強い。
実際にやってみてなるほどなあ、と思うことしきり。

今回は何を撮っても黄緑かかった感じに。
こういうのもたまには楽しいかもだけれども、
次はせっかくのリバーサルだから、Agfa CT precisaを
通常のリバーサルとして使っていきたい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

[↑リバーサルフィルムってキレイですよね…]

AGFA CT PRECISA 35mm カラー ポジフィルム 36枚撮り ISO100-superheadz

AGFA CT PRECISA 35mm カラー ポジフィルム 36枚撮り ISO100-superheadz