読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

アジサイを撮ったり

Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D SIGMA 24-35mm F2 DG HSM Art 植物ども

Hydrangea

石と猫ラブなわたしも、たまには季節のお花などを撮りたい。
この時期といえば紫陽花。アジサイだ!!
滅多に外に持ち出さないズームマイクロを担いで、
思うがままに撮りまくる。

Hydrangea

アジサイというのは毬状のものと、額のようになったものの二種類がある。
それはわたしだって知っている。
いざアジサイ園的なものを歩くと、いろいろあるものだと関心する。

Hydrangea

Hydrangea

アジサイといえば、赤と青とその中間の色。
そのバリエーションもさまざま。
上の写真のように、ひとつの花の中にグラデーションしているものまである。

Hydrangea

Hydrangea

Hydrangea

奥深きアジサイ。
人出もかなりなもので、家族連れと年配が多い。
カメラもガチ装備からコンデジ。スマホとあるが、
写真を撮っていない人はいないくらいだ。
日本人はつくづく写真が好きなのだなあとも思わされ。

そんなことを考えていると、ふたりの女性とすれ違う。
あああ、あれはNikonのデジタル一眼レフとまさかまさかのフィルム二眼レフ!!
すみません! 思わず声をかけてお話をさせていただいたり。 

Camera Ladies

やはりお目当てはアジサイとのこと。
お花を撮り終えたわたしは、カメラを構えたお花を撮らせていただきました。

わたしと同じNikonのフルサイズデジタル一眼レフカメラ、D610。
そして中判フィルムのローライコード。
がっちりと脇を締めたアイレベルのフォームの凛とした美しさ。
上からピントグラスを覗き込む二眼レフスタイルのたおやかかさ。
なんて素晴らしい…!

アジサイにカメラに女子撮影。
なんて華のある一日であったでしょうか!

撮影&掲載許可をありがとうございます!! 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 [↑まさかこのブログで人物写真を載せる機会があるだなんて!!]

あじさしの洲・骨王 (講談社文芸文庫)

あじさしの洲・骨王 (講談社文芸文庫)