マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

国産輝沸石

Heulandite

Takadono Kumavhyou kami-ukianagun Ehime-ken JAPAN
FoV=40mm
D610/Bellows/Macro-NIKKOR 12cm F6.3


本邦産出。愛媛県上浮穴郡久万町高殿からお越しの輝沸石さん。
2001年産出のラベルつきで、十数年の時を越えて当家に流れ着いた。
産出年の記載があると、ずっしり重い石がまた少し重みを増す。

岩の裂け目にひっそりと。
わたしはこの風情に、もっとも慕情を感じる。
ほじくり出された石にしてみれば迷惑なことだろうけれども、
15年も現世を流浪していれば諦めてくれているかもしれない。

そう思って大胆にがぶり寄り、さらなる高倍率接写。
すると見えてくるのはキラキラしたガラス光沢と、
劈開にそって細かく入ったヒビが作る絹のような艶めくきらめき。
よく目を凝らせば裂け目の奥深くまで、水が入り込んで凍ったように凝っている。

わたしみたいなマクロ者にとって、なにより楽しい標本のかたち。
あちらに独立した結晶が。そこにはぐれた板状の結晶が。あすこの母岩が面白いぞ。
ルーペでしげしげと見たあと、できあがった写真をディスプレイで自由自在に観察。

たった一枚の写真に数時間をかける価値は、こういうところにあるのだろう。 

 

Heulandite

Takadono Kumavhyou kami-ukianagun Ehime-ken JAPAN
FoV=14mm
D610/Bellows/Macro-Topcor 3.5/30mm

ブログランキング・にほんブログ村へ
 [↑実は今年のミュンヘンショー初売りイベントで買ったんです(国産で15年前の石)]