マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

ZUNOW-ELMO Cine 13mm F1.1で猫を撮る

Stray cat

 

ZUNOW-ELMO Cine 1:1.1 f=13mm は、ペンタックスQ/Q10に装着して撮影すると、
71.5mmの中望遠超高速レンズと化す。
これくらいの望遠だと野良猫は撮りやすい。
望遠すぎず、人間に対する緊張感や関係性まで撮りやすい。

ズノーのシネレンズはDマウントの中ではすごく使いやすい。
明るさもちろんだけれども、シルバーの鏡筒は美しく剛健な創り。
カビやすいクモリやすいといった慢性疾患もなく、
中古はたまにヘリコイドが固着しているくらいだ。
使い手が丁寧に使い、保管しておけば100年現役でいられる小さな巨人。

レンズテストをしようとすると、俺を撮れとわんばかりな猫発見。
柵の向こう側ではあったが、f/1.1~f/16まで撮らせていただく。
ピン外しはご容赦ください。
なお、この記事の写真はすべてAモード。露出補正-0.7EV。WB太陽光。
フォトショップで無劣化jpg現像のみとなっています。
シャープネスや色、トーンカーブなどはいじってません。

↓f/1.1

Stray cat f/1.1

↓f/1.4

Stray cat f/1.4

↓f/2

Stray cat f/2

↓f/2.8

Stray cat f/2.8

↓f/4

Stray cat f/4

↓f/5.6

Stray cat f/5.6

↓f/8

Stray cat f/8

↓f/11

Stray cat f/11

↓f/16

Stray cat f/16

実用するのであれば開放~f/4くらいまでがいいのではないかと思う。
小さい素子なので、f/5.6くらいでかなり回折ボケが出てきます。
積極的に開放付近を楽しみたい。

以下、猫達のスナップ。

Stray cats

Stray cats

Stray cat

Stray cat

Stray cat

寒くて日照時間の少ない冬は明るいレンズ。
世界も猫も夜景も明るく撮りたい。

[おまけ イルミネーションのボケ(絞り開放)]

Illumination

Illumination

ブログランキング・にほんブログ村へ
 [↑放散虫かスカシカシパンみたいな玉ボケ好き…]

チャオ (CIAO) ちゅ~る まぐろ 海鮮ミックス味 14g×20本入り

チャオ (CIAO) ちゅ~る まぐろ 海鮮ミックス味 14g×20本入り