マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

クロム雲母入り水晶

Fuchsite in Quartz

Ihovitra Itremo massif
Ambatofinandrahana District
Amoroa'i Mania Region Fianarantsoa Province
Madagascar
FoV=70mm

D610/bellows/NIKKOR-AM ED 120mm 1:5.6s

 

アキバでのミネラルマルシェで手に入れた標本。
クロム入り雲母というとなんとなく「おっ」という感じがするけれども、フックサイト・イン・クォーツというとなぜかパワーストーン系統のかほりがしてくる。何か特別なパワーがあったりするのかもしれない的な何か。

現世利益を求めて石を集めていると思われたくない。というひねくれた思想のもと、わたしはこれをクロム雲母入り水晶と呼ぶことにしたい。こうした呼び方に拘泥しているようではわたしもまだまだ石好きとしてはランクが低い。

インクルージョン系の水晶はバリエーションが多く、これがフックサイトではなくアホー石であると目ン玉飛び出る価格になる。アホー石のシーブルーに比べても、フックサイトの色はなかなか味わい深い。さりげなくて透明感がある。

FoV70mmとわたしの手持ちの石たちにするとやや大きい。ブースで「もうすこし小さなものはありませんか?」と訪ねたのだけれども、出ているきり。お値段手頃で何か感じるところがあったのでうちの子になりました。

気がつけばインクル水晶や変わり水晶の数が増えてきた。蛍石にそこまでハマらなかったので、わたしは水晶派だったのかもしれない。石の蒐集にこれといった自覚はなく、気に入ったものを手持ちの予算で買えるものを買うスタンス。
そんなわたしにも一歩離れて鳥瞰してみれば、何か法則性があるのかもしれない。いや、ないほうがおかしい。

そこはあえて明確にしないで、欲求の赴くままに石を集めていきたい。自分の適性をはっきりさせたほうが捗るひともいるけれど、わたしはこういうコレクションが似合っている気がした。好き嫌いをはっきりすると、よく深い沼にのめり込んでしまうかもという懸念ももちろん、ほんの、すこしだけ、ある。

 

Fuchsite in Quartz

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

[↑沼こわいネー]

LIFE 副菜 おかず、おかわり! (Hobonichi books)

LIFE 副菜 おかず、おかわり! (Hobonichi books)