マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

旅のお供

土日は仕事の都合でビジネスホテルに泊まることが多く、
ときには「ハズレたな…」という部屋にあたることもある。

ハズレの内容にはいろいろあるけれども、
何がいちばんしんどいかというと部屋のにおい。
特に壁紙や天井にしみついたヤニの香りは入った瞬間、
仕事の疲れを癒すどころかいや増してしまう。

もちろん宿を取るさいには禁煙室を取るようにしているけれども、
なかなかそうもしかないことがある。
そんなときにはファブリーズを部屋中に吹くことももちろんだけれども、
これのお世話になっている。


紙のお香で、フランスではかなり有名らしい。
もう十年も前になるだろうか。
たまたま輸入雑貨の店で手にしてから、
以来旅行カバンにはパピエダルメニィの冊子を忍ばせている。

100年以上のの歴史がある。という謳い文句につられて買ったのだけれども、
見た目も使い勝手も香りもすべて気に入っている。
フランスでは病院にも使われていて、
空気を浄化するという話だけれどもここらへんは話半分。

冊子状になっていて、一ページが三回分になるようミシン目が入っている。
これを一枚やぶり取って、蛇腹に折って灰皿の上で燃す。
すると石鹸のような香りが立ち込めて、タバコのにおいを払拭してくれる。
もちろん出先の気分転換にもいい。

出先にはこのスタンダードなのを持っていっているけれども、
自宅にはこれとローズバージョンを常備している。
ヤニの悪臭を打ち消すにはスタンダードがいいけれども、
香りを楽しむならだんぜんローズだ。
こちらはAmazonで商品リンクが見つからなかったので、
興味がある方は探してみてくださいまし。


明日は朝5時半に起きるというのにこの夜更かし。
朝起きるのは強いほうなので心配はしていないけれども、
体力が持つかが心配。そろそろ寝よう。


papier d armenie