マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

あめぴょんち参り ういず エスプレッソファクトリー

Amezaiku Yoshihara


諸般の事情で初代あめぴょん(ブログ/Twitter)の中の人が引退をされ、
なんとなく寂しい日々を送っています。
が。過日、中の人を取り囲む会を開き、あめぴょんファンと交流をしてきました。
あめぴょんファンのことを一部では「ペロリスト」と呼んでいるので、
会の内容は伏せておきます。
我々はペロリスト。あめぴょんあるところどこでもベタつくでス…。


その会で持ち込むあめぴょんをオーダーすべく、やってきました『飴細工 吉原』
お店に入ると在庫がほとんどなくてびっくりしたけれども、
「いや、先日まで広島に出張飴細工に行ってて、在庫がぜんぜんないんですよ…」
とのこと。お疲れさまです!


Amezaiku Yoshihara


「これからあめぴょん作りまくりですよ」
といいつつ調合するのは小ビンに入れた着色料。
これらを使って飴の色を出す。
たまたまわたしは開店してしばらくのところにお邪魔をしたので、
珍しい光景を見ることができました。


といわけで色の調合を待って、
「でっかいマイクを持ったあめぴょん」をオーダー。


Super LOLLIPOP AME-PYON


これはちょっぴり後悔するシルエット…
「ち、違うんでス!! これはまだ作っている途中なんでス!!
けして性的なものなんかじゃないんでス!!!!!」
的な。


Super LOLLIPOP AME-PYON


「まだ写真ダメでス!! 今は最高潮ヤバい作成経過でス!!
違うんでス!!! このマイクで話を聞いて下さいでス!!!!」
な感じ。


Super LOLLIPOP AME-PYON


「…もう写真撮ってもいいでス? AP(あめぴょん)通信から来ましたあめぴょんでス!?」
みたいな。


あまり卑猥なことばかり書いていると出禁を食らいそうなので、
ほどほどにしたいと思います(今更感を出して)。


Espresso Factory


荒ぶった気を鎮めるためにあめぴょんちから歩いてすぐの『エスプレッソファクトリー』へ。
ここもあめぴょんに教えてもらったお店だ。


Espresso Factory


ランチセットをいただきます。うーむ、シャレオツ。
カフェはもちろんパニーニもパスタサラダもおいしかった!
これで700円はかなり良心的。表参道や渋谷なら1000円はするだろう。


Espresso Factory


店内のあめぴょんの写真。
くッ、かわいいなあ。
このあと脚が溶けてなくなるのに無理しやがって…


Espresso Factory


ファンアートもいろいろ。
谷根千のお店はどこもフレンドリーで気安いのがいい。


Espresso Factory


在庫かぎりのコラボバッチ。
欲しい方は早めにD坂下をのぼるべし。


谷根千の裏アイドル、あめぴょんをしみじみ感じる。
またいつかどこかでベトつきたいね。あめぴょん!!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑あめぴょん勿体なくて舐められません]


=========