マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

ベルヌイのタネ

某所の石仲間が持っていたので羨ましがって暴れていたら、
あすこの石屋にあるから買ってらっしゃい。と、教えてもらう。
というわけで衝動的に購入。
どうしてこの手の合成石。ラボ標本というのはマニア心をくすぐるのでしょうか。

Bernoulli ruby seed

マニアであればおなじみベルヌーイ法で作られた人造ルビー。
こうしてガラス(?)棒の先に、高温で溶かしたアルミナを一滴一滴
ドモホルンリンクルみたいに垂らしていき、
ついには大きなルビーになるというもの。
当然ドモホルンリンクルはたとえであり、正確な表現ではありません。

もうすぐ食べ終わるチュッパチャップス。
あるいはマッチ棒みたいな頭がとってもキュート。
何に使うんだといわれればそれまでだけど、買ってよかった。

ちなみにルビーらしく紫外線で蛍光する。
暗闇で紫外線に反応し、真っ赤に光さまはマッチ棒の例えがしっくりくる。

Bernoulli ruby seed(Fluorescence)
D600/Bellows/FUJINON-M 1:8 f=7.7cm




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑フラックス法で作られたチャザムエメもほしい]


=========