マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

ネクタイピン

WG Tie clip. Cantera opal
D600/Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D


普段ほとんどネクタイをしないけれども、
こーいうアイテムは大好き。
これは父母から譲り受けたものなのだけれども、
勿体無くてまだ実際に使ったことがない。

ブラックオパールということだったが、これはカンテラのブラック。
カンテラオパールらしい深い景色と透明感が気に入っている。
地金にホワイトゴールドを使っているが、
14Kという微妙な割金。
こういうのが流行った時代があったそうな。

じつは上の撮影に、ニッシンの『MF18 デジタルマクロ』。
いわゆるマクロリングフラッシュを使用している。
SB-700よりも簡単に無影撮影ができ、小回りが効くので愛用している。
ズームマイクロニッコールと組み合わせると、
ブツ撮りでは無類の手軽さで撮影ができるのもいい。


石だけを接写。
オパールの遊色はライティングを変えるたびに変わるので悩ましい。
下はEL-NIKKORをリバースで使い、光源はハロゲン。
じつは等倍以下の撮影のほうが撮影場所とライティングが
コンパクトに組めて、楽だったりする。

瞬間光と定常光。
どちらの道に進もうかと思い悩みつつ、
いまだにどちらも使っている。

瞬間光の方がみずみずしくシャープに撮れる気がするものの、
お部屋のブツ撮りだと光量が足りずにISO感度を上げなくてはならないことがある。
定常光ならそんな心配がない。しかし定常光だとモヤっとした感じがあったりする。

悩ましいけれどもそれが楽しいお年頃。


WG Tie clip. Cantera opal
D600/Bellows/EL-NIKKOR 50mm F2.8(リバース)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑リングフラッシュ便利なのに人気ないよねー]


=========