マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

トルコ石の結晶

Turquoise Crystal
Palazuel de las Cuevas,Zamora,SPAIN
FOV=22mm
D600/Bellows/TOMINON 135mm F4.5


WEBでトルコ石のきれいな結晶を見てから、わたしもずーっと欲しかった。
宝石の中でも特別な存在である、『石の名を冠した色』であるターコイズブルー
しかしこれは不透明であり、透明な結晶などないと思っていた。
それだけにこの石の結晶を見た時には、常識を覆されたものです。
もっとも色はターコイズブルーという感じではないんですけれども。

結晶。といってもわたしのこの石は球状結晶。
色も透明とはいいがたく、半透明。
それでもこの石を見つけたときは心躍ったものです。
石好きとして、自分が探していた石を見つけ、
かつ手頃な値段だったときの気分は何物にも代えがたく。

透明感はないものの、母岩にバリッシャー石。
球状結晶にトルコ石とうっすら銀星石まで伴っている。
いつか完全透明な結晶も欲しいけど、いまはこれが精一杯。


Turquoise Crystal
FOV=4.5mm
D600/Bellows/Macro-NIKKOR 65mm F4.5


高倍率マクロをやっていてよかった。と思うのはこういうとき。
ミリ単位の範囲でもなんとか視認できる。
肉眼では迫ることができない秘密の結晶。
正面すこし左上には菊花状の銀星石の姿が見えた。
この標本。まだまだ探せばいろんなものが見つかりそうだ。


無限遠補正の対物レンズを使い、画面範囲2mmまで拡大する。
するとはっきり見えてきた、球状結晶のトルコ石と銀星石。
まだまだ解像しきれていないのはわたしの腕のなさ。
ファインダーから見た景色はもっときれいだけれども、
ピントは激薄で全体像を肉眼で俯瞰することは叶わない。
だから、深度合成写真で全体を見る。
この目このお味噌に深度合成機能がついていれば…


Turquoise Crystal
FOV=2mm
D600/Bellows/NeoSPlan 10 0.30 ∞/- f=180





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑小さい標本のほうが場所取りませんし…(震)]


=========