読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。ヘンなレンズが多いです

ベイマックスを見にイクスピアリへ

MAIHAMA 『IKSPIARI』

新年一発目にして、おそらくは今年最後になるんじゃないかという映画館へ。
友達が「ベイマックスなかなかが面白いらしいよ」というので、
こんな正月もよかろうと舞浜イクスピアリへ。
イクスピアリに映画館。いずれもめったに行かない場所なのだ。

BAYMAX

結論からいうと『ベイマックス』は面白かった。
細かいストーリーはネタバレになるので語らないが、
ディズニーらしいようでディズニーらしくないアニメだった。

BAYMAX

このアニメを見ながら、そのクオリティに少し驚いた。
もともとディズニーのアニメは日本のアニメよりも簡略化が少ない――
たとえば日本のアニメは発音により口と顎の動きがほとんどないが、
ディズニーはそこらがヌルヌル動くなどだ。
けれども、その違和感があまりなかった。
すごく日本のアニメのセンスに近い作り方。
いや、これはもう新境地なのではないかと思わされた。

BAYMAX

アナと雪の女王』を見た時もずいぶんアニメの作り方がスマートになったと感じた。
でもこれは雪だるまのオラフの存在が、
コテコテのディズニーアニメであることを思い出させた。

『ベイマックス』ではフレッドがその役割を担っているのだが、
日本人から見た感情過多。くどさがすごく薄い。
そしてこれは洗練されたのだと、わたしみたいなひねくれ者はこう考える。
これだけのものを作られると、ディズニー映画が楽しみであると同時に、
日本のアニメも負けていられないだろうと思わされた。

繰り返すと『ベイマックス』はとても面白かった。

MAIHAMA 『IKSPIARI』

その後は友達とイクスピアリを歩き回りながら
『ベイマックス』がいかに楽しかったかを語り合う。
たまにはこういうのもいいものだ。
広場では太鼓のショーがあったりと、さすがディズニーリゾートはいるだけで楽しい。

MAIHAMA 『IKSPIARI』

町並みもステキの一言。
数年ぶりに来たものの、じつにいい雰囲気だ。
撮影会とかできたらさぞかし楽しいだろうなあ。

今日でおしまいの正月休みはばっちり堪能。
さあ日常に帰る用意をしなくては。

MAIHAMA 『IKSPIARI』





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑カメラのサイズ設定がなぜかsmallになっていた罠]