マクロ☆スタイル

日常に高倍率マクロ撮影。被写体は鉱物標本/ルース。猫も撮ります。マクロレンズとヘンなレンズが多いです

上野科学博物館『元素のふしぎ展』

じつは過日。上野の科学博物館に行ってきました。
『元素のふしぎ展』『結晶美術館』館長のだぶれっとさんの写真がかなりあるということ。
そして中央宝石貸与のルースの展示があるということで。
午後の二時間くらいぽっかり開いた時間があったので、
駆け足で眼福をいただいてきました。


…が、わたしの撮影技術の未熟さ。
撮る写真がほぼすべてブレブレという体たらく。


日記に掲載するのもやめようと思ったんだけれども、
補正してサイズを落として掲載。
興味を持たれた方は実物を眺めるべきなんですよ!!(いいわけ)


はじめにいっておきますが、わたしの興味は宝石に向いておりました。
展示ではほぼすべての元素についての展示と写真があります。
かなり偏った紹介と写真なので、やはり興味がある人は実物を(以下略)



カットルースの展示。
resize0314
わかりやすい展示のせいか女子がわらわら群がっていて、
なかなか盛況なブースでありました。


そして嬉しい誤算の人工宝石ブース。
resize0312
いやじつはこういうのも好物でして…!!


カラーチェンジサファイアの置物!!
resize0311
いいなあこれ。文鎮にほしい(超豪華)


プァな天然ベリルが処理によってキレイなエメラルドに変わる様子。
resize0316
これが全体図。


これが処理前で…
resize0313


こうなる。
resize0315
OH- これを見るとマニアが「ノンヒート&ノントリート」にこだわる訳がわかりますよね。
男がすっぴん女性に抱く願望にも似てますが、
ありのままの状態を好むマニア心も理解されたし。


宝石とは違うけれど、人工石英の巨大るつぼ。
resize0317
どれくらい巨大かというと、わたしが目玉のおやじの着ぐるみでお湯に浸かればカンペキなサイズになるくらい巨大。
工業用途のアイテムというのはどうしてこう胸を熱くするの…



ほぼすべての元素についての注釈と展示。
さらにそれら元素の産業的役割について網羅されていて、
普段見ることができないおおきな写真が展示されています。


わたしもスキを見てもう一度くらい足を運びたいですが、
たまには実物を肉眼で見るのはいいものですね。
最近はミネラル系のイベントも年始のIJTくらいしか行けていないので、
石ヲタとしても見応えのある展示でした。
またいずれ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[↑博物館に住みたい]


=========